スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憑喪神にはご注意を



まいどどうも、ダシでございます。

今回はカテゴリ「出汁の出る話」第2回目。お正月も間近に迫っていますのでこんな話題はいかがでしょうか。



先日、職場の他部門のチーフさんからこういう相談をいただきました。

「古い神棚を処分しようと思うんだけど、失礼の無いようにするにはどうすればいいの?」

これもたびたび受ける相談ですね。

神さまを祀っていたお社、またはお札お守り。こういった所謂「御霊代」はどう処分していいものか。

これは実に簡単な方法があります。

お近くの“神主が常駐している神社”に電話して聞けばいいんですw

古いお社引き取ってくれますか?ってね。

たいていの神社ならお焚き上げといって、古い社やお守り等はお祓いをした後焼き清めてくれるはずです。

神社によっては御霊抜きのお祓いだけして、処分はご自分でという場合もありますので事前のご確認を。



その際にはいくらか包まなければなりませんが、そこも電話で聞いて問題ありません。

金額を設定している神社なら「いくらです」と教えてくれるはずです。

「お気持ちで」と言われた時ですが、ただ神社に預けるだけなら500~2000円程度。

目の前でお祓いをしてもらいたいなら3000~5000円程度が妥当でしょう。

これも神社によってはけっこうな額を設定している場合もありますが、「お気持ちで」と言われたからといって1万も包む必要はありませんw

高額になると逆に神社側がこまりますのでご注意をw



ついでにですが、お祓いを受ける時、お金を入れる封筒や熨斗紙にはなんて書いたらいいか。

これは一般的に「玉串料」と書かれる場合が多いようです。

玉串っちゅうのは祈願の際に神前にお供えする榊のこと。

自分の祈念、つまり祈りや願いを込めるための、これまた御霊代ですね。

これの料金として・・・という意味でこう書くのだと思いますが。

ぶっちゃけなんでもいいですw

「お祓い料」でも「ご祈祷料」でも「お焚き上げ料」でも、最悪自分の名前だけ書いてあれば問題ありません。

祈願やお祓いの内容は神主さんが祝詞で奏上してくれるので、誰からの供物であるかが分かればいいんです。

封筒の裏に金額をこっそり明記しておくとより丁寧です。



お守りやお札、祭壇等は人によって種類が異なります。

でもその処分の際、困った時は皆同じ。専門家に聞いてみることをお勧めします。

神社でもお寺でも教会でも、電話でけっこう。すぐに解決するでしょう。



最後に私から。

御霊代を処分する際は神主さんや住職さんにまかせっきりにせず、是非ご自分でも「ありがとう」を言ってください。

それまで自分を守ってくれていた存在に、その役目を終えたそれまでの感謝を伝えてください。

そして、これは御霊代に限った話ではありません。

私は服でも靴でも、身のまわりにある自分が生活する上で長く使っていたもの。それらすべてに役目を終えた時「ありがとう」と言って処分するようにしています。

物に魂が宿るなら、最後くらいは日ごろの感謝を伝えて別れたいものです。



もしかしたらそのうち可愛い幼女が恩返しに来てくれゲフンゲフン



まぁそんなところですねw

長くなりましたが今回はこの辺で。

お付き合いありがとうございましたノシ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダシ

Author:ダシ
ニコ生配信とか創作活動とかしてる人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。